ラーメンの歴史

趣味

ラーメンの歴史は深い

ラーメンと言うと中華料理と言うイメージがありますが、ラーメンは汁(スープ)に茹でた中華麺を入れた日本の料理になります。漢字表記は拉麺あるいは老麺・柳麺、別名は中華そばあるいは支那そばなどと呼ばれる事もあります。

 

日本では国民食と呼ばれるほど広く親しまれ、日本国外でも知名度が高いラーメンですが、中国の料理を起源として、日本の中華料理で発展してきたとされています。長い歴史の中で、現在の日本のラーメンは中国に元々あった拉麺の麺料理文化とは異なる日本独特の食文化に進化を遂げており、中国・台湾など東アジア圏では日本拉面、日式拉麺と呼ばれ区別されています。

 

「ラーメン」の語源は、中国北部の麺の1種「拉面(ラーミェン)」という説があります。中国語の「拉」とは「引っ張る」という意味で、拉面は蕎麦やうどんのように刃物で切り分けて細長い形にするのではなく、手で引っ張り伸ばして細長い麺の形を形成する手打ちの技法で作られます。

 

しかし一部の辞典などによっては「老麺」という漢字表記も見られるため、それが本来の表記とされることもあるそうです。老麺(ラオミェン)とは保存した古い発酵生地を酵母種として使用する中国伝統技法で、マントウや包子を作る際に用いるものです。

 

中華麺はマントウのように酵母で膨らませる必要がないため、老麺法はラーメンに用いる技法ではありません。現代では名称は、通常カタカナでラーメンと表記されています。日本のラーメンの麺の製法は、刃物で切ったり機械で切り出した細長い麺を用いるため、中国の手打ちの技法で作られた麺は使用しません。その為、中国の麺や日本のうどんとは違った独特の食感と色をした麺になります。その為か日本のラーメンは、中国のラーメンと分類されて世界に広まっています。

 

 

ラーメンの種類

麺と同等以上に重要視されているのが汁(スープ)で、汁には極めて多くの種類があるため、ラーメンの種類は汁により分類されることが一般的です。汁に使われる、タレの種類や出汁の種類などにより大小様々に分類されます。またその分類がそのラーメンの地域性にもなっていることが多いのがラーメンの特徴と言えるでしょう。

 

ラーメンは自由に発展した料理であるため、多様なバリエーションが存在し、広義ではラーメン類とされることもあります。狭義ではスープに浸かった通常のラーメンとは区別されるラーメンもありますので、ラーメンについて調べていると、とても奥深いものを感じ、ラーメンの魅力に取り付かれてしまう人も多いそうです。

 

ラーメンのスープは基本的にタレを出汁で割ることによって完成します。このタレと出汁の組み合わせでラーメンは多くの顔を持つ食べ物といえるでしょう。タレによるラーメンの分類として、醤油ラーメン・味噌ラーメン・塩ラーメンと3種類に大きく分類されます。

 

出汁の種類は主に、豚骨スープ、魚介系スープ、和風スープなどに分類されます。他にも鶏ガラや野菜などを組み合わせたスープなどもありますが、大きな分類としては上記の3種類になります。この分類に含まれないラーメンとして、タンメンやワンタンメンというラーメンがあります。

 

タンメンやワンタンメンには塩味のスープや醤油味のスープを用いるため、上記の分類のいずれかに入るように思えますが、タンメンは、塩ダレをスープで割る日本の塩ラーメンとは調理法が異なる別の料理になるため、上記の分類には含まれない事が多いそうです。

 

また中国の湯麺とも異なり、茹でた麺に炒め野菜のスープを加えた料理で、スープは鶏ガラスープをベースとした塩味が一般的です。日本におけるワンタンメンは、ラーメンに具として豚肉や海老を使用したワンタンを入れるラーメンで、スープのタレは、松茸味、醤油味が使われます。

 

これらの分類のラーメンを地域の特性と合わせて販売する有名店も多いので、旅行などに行った際には、その地域の特性を持つラーメンを食べ歩くと言うのも楽しいかもしれませんね。

 

 

人気のラーメン

近年のラーメンブームにより、全国各地に人気ラーメン店があります。地域によっては数十件ものラーメン店が密集してあり、ラーメン激戦区などと呼ばれて、その味を競い合っている状態になっている地域もあるそうです。

 

人気ラーメン店といえば、雑誌やテレビでも取り上げられる行列のできるラーメン店が上げられます。なかにはテレビなどの取材を受け付けないというラーメン店もあるそうですが、どのお店もお店独自のこだわりがあり、その味を好む人にとても人気のあるラーメンを提供している事には変わりありません。

 

ラーメンは、独自の文化で発展した食べ物のため、ベースは似たものを使っていてもお店によってその配合や、使っている素材によって大きく味わいが変わってくるそうです。お店独自の味を追求する事で、リピーター客が付き、それが話題となって人気ラーメンとなる傾向があるようです。

 

人気ラーメン店といえば、麺屋武蔵、大勝軒、山頭火、博多一風堂などが有名でしょうか。他にも全国に多くの人気ラーメン店がありますが、あまりの多さにご紹介しきれません。各地域で、人気を手に入れたラーメン店の味は一生のうちに一度くらいは味わってみるのも良い経験になるのではないでしょうか。

 

しかし、人気ラーメン店ともなれば、行列に並ぶのは当たり前というような状態ですので、数時間待ちにも耐えられる強い気持ちを持って食べに行く事をお勧めします。ラーメンの味の好みは個人差が大きいですが、人気ラーメン店の基本的な味のベースなどを調べていけば、きっと貴方の舌に合う味にめぐり合えることと思います。

 

 

ラーメン通販

人気店のラーメンはおいしいのだけど、毎回並ばなければならないのは、意外と苦痛になるものです。多くのラーメンファンにも、行きつけのお店が人気店になってしまい、並ぶ時間がない為に食べに行けないという人がいるのではないでしょうか。ラーメン店は人の入れ替わりが早いとはいえ、多くの人が待っていれば、数時間待ちになるのは、仕方のない事です。

 

またおいしいと評判のお店を知っているのだけど、遠方にある為食べに行けないなど理由は様々ですが、誰でもおいしいと言われるラーメンを、一度くらいは口にしてみたいものでしょう。そんな人のために、人気店の中には通販を行っているところもあるそうです。出来上がりの状態で届けば一番いいのですが、やはり味を保つためには、食べる直前に調理するのが一番ですので、お店と同じ味が出るように麺とスープのセットで販売されているそうです。

 

また中には、麺の湯で時間やスープの割り方など詳しく調理方法が載った説明書が入っているので、料理の苦手な人でもほとんど暖めるだけに近い作業で、人気店のラーメンを口にする事ができるそうです。人気ラーメン店のお店の雰囲気こそは味わえませんが、並ぶ事がなくいつでも食べたいときに食べられる通販購入は、ラーメン好きにとっては欠かせない手法です。

 

またコンビニとコラボレーションしたカップ麺などもありますので、お店の味を確かめたいと言う人は、手軽に購入できるカップ麺を試してみるのも良いかもしれません。通販でもカップ麺でも、食べたい時に食べられる環境っていうのは嬉しいものですね。

タイトルとURLをコピーしました